転勤族の妻は強い。転勤族生活の大変なこと・デメリットを38名の転勤族に聞きました。

転勤族の妻として暮らしている皆さんに、転勤族として暮らすうえでどんなことが大変かをアンケートで聞かせていただきました。こちらでご紹介するたくさんの声は、同じ転勤族の方なら「お互いに大変ですよね…」「あるある…」と思えることばかりだと思います。

転勤族の大変なこととして、主な意見としてはこのような意見が多く上げられました。

  • 引っ越し作業や手続き関係が大変
  • 子供の環境を整えることが大変
  • 病院探し、友人作り、将来への不安などその他少数意見いろいろ

改めて皆さんの声をまとめてみると、色々な大変なことがありつつそれを乗り越えて強く生きている方がたくさんいるんだなと思わされます。

  • 転勤が決まり単身赴任をするか一緒に引っ越すか迷っている方
  • 転勤族の方
  • 転勤族の方と結婚を考えてる方

には特におすすめです。みなさんのリアルな声から転勤族生活のイメージができるかと思います。

転勤族として生きる楽しさとは。38名に聞いた「転勤族になって良かったこと・メリット」」と合わせて色々な視点をご覧ください。

引っ越し作業が大変

一番多かったご意見は、「引っ越しが大変」という声。現職の引継ぎや送別会などで忙しいパートナーに変わり、引っ越し作業のメインは妻が担うというのは「転勤族あるある」です。 引っ越しについて切実な声をたくさん頂きました。

引っ越しの荷造りや荷ほどき、家の中の環境整理をほぼ一人ですることが大変。慣れた頃に引っ越すので気持ちの切り替えも大変です。 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

内示から引越しまでの期間が短いので、荷造りや様々な手続きに忙殺されるのが大変です。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(小1~小6)

会社経由で引っ越し業者を選定するため、段ボールが届いてから荷出しまでの猶予が短く荷造りが大変であること。 回答者:20代/転勤回数2回/家族構成 配偶者

引っ越しが決まってから引っ越し→荷ほどきくらいまではバタバタと忙しいが、いろいろ落ち着くとどっと疲れる。そして慣れたころにまた引っ越しになる。 回答者:20代/転勤回数2回/家族構成 配偶者 , 子ども(未就園児)

人事発表がある時期になるとそわそわします。引っ越しはいつも大変なのでなるべく引っ越したくないです。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者

引っ越しに伴い、キッチンが使えなかったり、買い物を減らしたりと調整する時期があるので、その期間は外食費がかさみます・・・。引っ越し期間は何かと地味にお金がかかる。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者 , 子ども(未就園児)

引っ越しのコツについては転勤族ナビでもこちらの記事にまとめています。

この声を見ると、内示から転勤までの期間は短い方が多いようですね。そのあたりはこの記事でもご紹介しています。

引っ越しの手続き

引っ越しの荷造りだけではなく、ガス、水道、カード、銀行、インターネット、免許書、携帯電話、通販サイト等々、住所変更が必要なものは多数あります。

ネットで完結するものもありますが、手書き&郵送というパターンや、役所などに住民票を取りに行く必要があるものも。お子さんがいると学校関連は手書きの資料も多くあり、諸手続きは本当に大変です。

住民票や書類の変更が面倒です。回答者:20代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

引越し作業は手続きが多いし、子供の転校も慣れるまで大変です。 回答者:40代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

住環境を整えるまでが大変

引っ越しや手続きがひと段落しても、落ち着いて生活するまでの大変なこともたくさんあります。

道を覚えるのが毎回大変です。 回答者:30代/転勤回数1回/家族構成 配偶者

新しい地域での、ルールを知るのが一番大変です。地域によって、ごみ出しのルールに交通、買い物、方言、地理と全く異なるので慣れるのに、時間を要します。 良かったことは、無いです。 回答者:30代/転勤回数5回以上/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6), 子ども(中1~中3)

前回は、首都圏→地方の住宅地に引っ越したので買い物や外食が不便になり、暮らしを楽しめるまで時間がかかった。合う土地、合わない土地があると思う。自分はできるだけ駅に近くて行動範囲が広がる場所で家を探したほうがいいと気が付いたので次の赴任地は駅近のマンションにした。 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者

せっかく慣れた生活が変わることが大変。特に自分や子供に障害、病気があるので転院や様々な手続きが大変。 回答者:40代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6), 子ども(高校生以上)

こちらこのサイトの管理人おすすめの地図本。家探しから新居周りの探索まで転勤族には使える本です。

子供の転校・転園

お子さんがいる方は、お子さんへの配慮やフォローについてあげられる方がたくさんいらっしゃいました。精神的な配慮はお子さんの年齢が上がるほど必要になってくるようです。

公立小学校は住む場所によりほぼ決まるため、環境の良さそうな学区を探してそのエリアで家を探すのが大変ですが、未就園児の場合は転園先を自分自身で探さないといけないため、子供に合っている園を探することが大変というお声でした。

引っ越しをしたら幼稚園が変わって環境が変わるので慣れるまで大変 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長)

子どもの入学・入園のタイミングに転勤が重なると手続きが大変 回答者:30代/転勤回数1回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長), 子ども(小1~小6)

子供がその土地に馴染むのが大変です。 回答者:30代/転勤回数5回以上/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長), 子ども(小1~小6)

大変なのは、子供が小さいうちは、幼稚園探しや転校・転園手続きがめんどくさかったり、園や学校生活に馴染むまでのフォローが大変。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(小1~小6)

子供の習い事に関して。引っ越し先で近所にいい教室がない場合、教室を探したり通わせたりするのが大変。入会金やユニホーム代も買い替えたりと出費もかさむ。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

新たな人間関係を築くのが大変。子供の転校が負担。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

子供の年齢があがってきたので、そろそろ転校せずに単身赴任にしたほうがいいのかななど正解の出ない悩みについて考えこんでしまう。 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

転勤が決まって、子供に転校を伝えるに毎回辛い。また普段何気ない会話で「ここにずっといたい」「もう転校したくない」など言われて申し訳なく思う。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

子供の転校先を選ぶために、できるだけ環境の良さそうな学区を探すが、ネットの情報では小学校や中学校の様子があまりよくわからないこともあり、調べるのが大変。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

病院探しが大変

新しい土地で通いやすくて相性のよい病院を探すのも一苦労です。

かかりつけの病院が変わるので、何度も初診の問診票を書く必要があるし、診察券も何枚にもなる。 回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(年少~年長), 子ども(小1~小6)

病院探しや子供関係の事を毎回探さなくてはいけない事が大変。 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(年少~年長)

病院探しが大変 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長)

転勤先での友人・ママ友作り

友達ができるまで話し相手が夫しかいない。夫の会社で歓迎会があると恨めしく思う。 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(年少~年長)

人間関係はじめ、いろいろなことが良くも悪くもリセットされる。そしてまた慣れたころに転勤。むなしくなることもある。 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(年少~年長)

友達を作ってもすぐ会えなくなってしまう 回答者:20代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

友達ができない 回答者:40代/転勤回数1回/家族構成 配偶者

環境に慣れるまで大変です。また友達が減っていきます。 回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

自分自身の仕事や働き方について

引っ越しが落ち着いてから仕事がしたかったけど、地方に転勤になってしまい、地方では今まで自分がしていたような仕事はない。  回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

転勤のたびに仕事を辞めて新しく探さないといけない  回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者

転勤もあり、子供も小さいので専業主婦をしているが、働いている友人が羨ましく思うこともある。子育てが落ち着いたころには40代になると思うと、その時にできる仕事があるのか不安。どうしようもないがこのままでいいのかと不安に思う。  回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者 , 子ども(小1~小6)

仕事を辞めて一緒に転勤したが、これでよかったのかといまだに思う。  回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者

その他少数意見色々

将来住むところをすぐに決められないので賃貸暮らしが続くところ 回答者:20代/転勤回数1回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

子供の年齢があがるといずれは単身赴任かなとも考えており、そうなると会社都合で家族が離れ離れにならないといけないと考えると憤りを感じる。そして二重生活の生活費が心配。仕方ないと思っている部分もあるが、転勤制度がなくなってほしいとも思う。  回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

夫が忙しくてワンオペ。転勤直後は子供のフォローもひとりでしているのでかなり大変。 回答者:20代/転勤回数1回/家族構成 配偶者 , 子ども(小1~小6)

引っ越しに伴い会社から一時金はもらえるが、幼稚園の制服代や引っ越しに伴う諸々の出費で毎回それでは賄えない  回答者:20代/転勤回数1回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

転勤先が地元から遠く、年に3回の帰省で新幹線代金×家族分でとんでもない金額になる。でも帰らないわけにはいかず、年間の切符代の合計金額を考えると悲しくなる。  回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

自分や子供の習い事など、何か新しいことを始めたいと思ってもタイミングによってはもうすぐ転勤だから後にしたほうがいいかなと思ったりすると転勤なんてなければいいのにと思う  回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

関東出身で転勤先が雪国だったのでカルチャーショック。車がないと何もできない 回答者:20代/転勤回数1回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

ペーパードライバーの方が車社会の土地に引っ越して大変な思いをするのも転勤族あるあるだと思います。こちらもどうぞ。

まとめ

この記事では転勤族の妻の皆さんに、転勤族でどんなことが大変かをアンケートし、その結果をご紹介しました。

転勤族ならではの大変なこと、たくさんありますが、皆さん色々な思いを持ちながらも強く暮らしていことがうかがえました。

アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

住んではいけない土地を避けて安全に家探しをする方法【必ずチェックすべき防災情報まとめ】

【要チェック】土地勘のない場所の引っ越し&家探しに役立つサイト

「子育てしやすい街」を見極める。引っ越し前に自治体を比較する方法

読んでいただきありがとうございます。
記事についての追加情報や感想などコメント欄からお知らせいただけたら嬉しいです。

\ 人気記事ランキング /

〇今週の人気記事:人気記事ランキングTOP10を見る

〇管理人の雑談コラム更新中:人気ランキングを見る

\ 転勤族ナビtententoをフォローする /

◯Twitterで更新情報を受け取る:Twitterをフォローする

◯Instagram で更新情報を受け取る: Instagram をフォローする

◯amebaブログ で更新情報を受け取る:amebaブログをフォローする


転勤族ナビtentento編集部

転勤族による転勤族のための記事とコラムをほぼ毎日更新するWebサイト「転勤族ナビtentento(てんてんと)」です。転勤族が新しい土地に住む時に役立つ、地域の情報・子育て・暮らし・収納・インテリア・転勤族の妻のための働き方についてお届けしています。転勤族ナビtententoとは?

この記事を読んだ人におすすめ

コメント

この記事へのコメントはありません。

記事を読む

人気記事(暮らし) 人気記事(仕事)
  1. 転勤族が買ってよかった無印良品シリーズ<家具編8品>

  2. 我が家のマイカーを持たないチャレンジ!カーシェアリング活用の体験談

  3. 転校時の子供のケア「転勤が決まったらいつ・どうやって引っ越しを伝えるか」32名の転勤族の声

  4. 【転勤族のマイホーム】買う?買わない?定住地はどう選ぶ?家・マンション購入について35名に聞きました。

  5. ー未就園児から小学校高学年までー広島市に家族で転勤するなら知っておきたい子育て情報

  1. 転勤族の妻におすすめの資格。仕事探しや再就職に役立つ考え方をキャリアコンサルタントが解説

  2. 転勤族の妻がパートで働くときに考えたい4つのポイント~仕事選び・面接準備~ 国家資格キャリアコンサルタントが解説

  3. 「転勤族の妻が派遣で働く」メリットとデメリット

  4. 転勤族の妻の仕事探し。スムーズに仕事を見つける方法を国家資格キャリアコンサルタントが解説

  5. 転勤族の妻の「キャリア」今は無理に働かないという選択肢も。

新着コラム

  1. コメダ珈琲の本店(名古屋市瑞穂区)へ行ってみました

  2. 転勤族のメリット・デメリットについて。結婚12年目に個人的に思う事

  3. 名古屋のわらび餅「芳光(よしみつ)」さん

  4. 熱田神宮のキンモクセイ

  5. 「まこもだけ」を知っていますか?

  6. 転勤族さんにおすすめしたい「街の達人」という地図本

  7. 八事から徒歩三分、興正寺

  8. 青川峡キャンピングパークを予約するコツ(名古屋から車で1時間のおすすめスポット)

  9. お洗濯洗剤ジェルボールの普及率

  10. 「豆徳さんの彩菓とりどり」広島のおいしいもの

最近の記事

  1. 我が家のマイカーを持たないチャレンジ!カーシェアリング活用の体験談

  2. 賢く選ぶ 転勤族の雛人形

  3. ー未就園児から小学校高学年までー広島市に家族で転勤するなら知っておきたい子育て情報

  4. 【埼玉県】転勤族が住みやすいのはどこ?埼玉居住経験者に聞きました

  5. 群馬転勤経験者が住みたいのは〇〇市!住んでみて困ったことや良かったこととは?

  6. 宇都宮・栃木で転勤族が住みやすい場所ってどこ?栃木転勤経験者に聞きました

  7. \静岡転勤で住まい探しをしている方へ/静岡県で転勤族が住みやすい場所について

  8. 広島市で住むならおすすめのエリアは?転勤族14名の声をまとめました

  9. 引っ越し準備はいつから?転勤族60名に聞いた「引っ越しのコツ・裏技」まとめ

  10. 千葉県で転勤族が多いのはどこ?《千葉・市川・船橋・松戸など》