【転勤族のマイホーム】買う?買わない?定住地はどう選ぶ?家・マンション購入について35名に聞きました。

転勤のたびに賃貸やマンションまたは社宅を転々としている転勤族。将来のことを考えた時に、

  • 家やマンションを購入して定住地を作ったほうがいいのか?
  • でも買うならいつ?どこで?

等々、ふと考えてしまうのは転勤族にとって、あるあるではないでしょうか。

家を持った場合、次の転勤になったら単身赴任をするのか、家を売ったり貸したりするのか?と考えると大きな決断です。書く家庭により答えの出ないこととではありますが、

  • 購入済みの方はどんなタイミングで家を購入したのか?
  • 定住地はどう選んだのか?
  • 家に関する今後の予定 など

転勤族35名の方にご協力いただき「家・マンション・マイホーム購入」について聞いてみました。色々な視点での声をご紹介します。

転勤族の持ち家に関する調査結果

転勤族ナビで実施したアンケート結果の前に、まずは「企業の転勤の実態に関する調査」 の調査データからご紹介します。こちらの調査結果は、 厚生労働省の独立行政法人である「労働政策研究・研修機構」 が転勤のある個人の方に調査をした結果をまとめたものです。

2017年に行われた 「企業の転勤の実態に関する調査」によると、転勤経験がある人個人で持ち家に関するデータは以下のようになっています。

引用: 企業の転勤の実態に関する調査

  • 持ち家がある 44%
  • 親名義の持ち家がある 25%
  • 持ち家がない 28%

自分の名義での持ち家がある方は44%でした。

この数値を多いとみるか、少ないとみるかは人それぞれですが、数値で見ると興味深い内容です。

転勤族35名に聞いた持ち家についてのアンケート結果

転勤族ナビでもアンケートを行い、35名の転勤族の方に回答頂いたところ、持ち家がある方が31%となり、「企業の転勤の実態に関する調査」 とそこまで大きな数値の違いは無い結果となりました。

それではここからは、持ち家を購入している方は、どんなタイミングで購入をしたのか。購入の決め手はどんなことだったのかについて、購入していない方には、今後の予定について伺ったので、様々な声をご紹介します。

家を購入した方の家・マンションを購入したタイミング

転勤族の方が家・マンションを購入するに至ったきっかけについて具体的にこんな声がありました。

実家との距離や関係を重視

家を購入している方から一番多かった声は「実家との距離や関係性」で決めたという声でした。ただし、いずれ単身赴任になることを見越している方、貸した時に空き家を管理してもらいたい方、帰省の利便性など理由はそれぞれです。

いずれ単身赴任なので、実家と比較的距離が近いところにした。回答者:30代/転勤回数1回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長), 子ども(小1~小6)

もし転勤になっても親に管理してもらえることが決め手でした。回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

転勤が決まったタイミングで上の子の進学のタイミングと重なったため、 夫は単身赴任。私と子供は実家を譲り受けてリフォームして住むことにしました。上の子はもとの赴任先から実家近くの学校を遠方受験したり、私はリフォームと単身赴任の手配でその年は色々と大変でした。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

お互いの実家に行きやすい立地に購入できたため。回答者:40代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

売買・賃貸を見越しての購入

もしまた次に転勤になった時に売買・賃貸をすることを前提に物件を探している方も。

すぐ売れる、貸せるという条件に当てはまる物件だったため。回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者

また転勤になっても売却しやすいかどうかが決め手でした。回答者:40代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(小1~小6)

文教地区に住んでいたのでそこなら人気エリアなのでいずれ売ることもできるだろうと購入。回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

赴任先に定住を決めて購入

転勤してその土地が気に入ってそのまま購入という流れの方も。

その県の風土が気に入ったため。回答者:40代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6), 子ども(中1~中3)

関東から福岡への転勤。住んでみたらとてもいい立地で地域になじんでしまい、家探しをスタート。よい物件が出たのでそのまま購入しました。次に転勤になったら単身赴任にするか貸すかはまだ迷っています。 福岡に来てそのままという方まわりにもいます。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

その他色々なタイミングで

立地と値段が良い物件が売り出されたから。回答者:40代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

持ち家があると、転勤の可能性が減り、マイホームから通える勤務先になる場合が多いという話を聞いて、購入を決めました。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(小1~小6)

家・マンションを購入予定の方の声

次に今は持ち家は無いが、今後こんなタイミングで購入を考えていますという声をご紹介します。やはりこちらも実家との関係を推す声が多くあります。

実家・出身地の近くに購入したいという声

実家近くに最終的には購入予定で、子どもが小学校高学年がタイミングかなと思って朝います。回答者:30代/転勤回数5回以上/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長)

出身地の東京に帰ってきたら購入したいです。回答者:20代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

旦那が地元異動になることがあれば購入したいなと思っています。回答者:20代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

子どもの進学と合わせて

子供が小学生になって、夫についていかなくなった家を建てたい。回答者:20代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長)

子どもの成長に合わせて住みやすいどこかで落ち着きたいと思っている。その時の年齢と収入次第で購入を検討している。回答者:30代/転勤回数1回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

子供が小学生に上がる頃には購入を検討している。回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長)

お子さんの進学と転勤の兼ね合いはどのアンケートでも話題に上がります。

家賃補助に関連する声

転勤族の方の場合、家賃補助が出るケースが多いためその関連で考えられている方も。会社により、賃貸に住んだ方がお得なパターンと持ち家があるほうがお得なパターンがあるようです。

賃貸に家賃補助が出る場合は、その手当てがなくなる前にマンションを買うという転勤族の方は多くいるようです。

次の転勤の後、次の次の転勤の前までに購入するつもりでいます。社宅の補助を受けられるうちは受けていたいのもあります。回答者:30代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

賃貸の方が住宅手当がでるのでそれがあるうちは購入しない。回答者:40代/転勤回数3回/家族構成 配偶者 , 子ども(小1~小6)

家を購入したほうが社宅に住むよりも手当てが厚くなるのでローン返済を考えると早く購入したほうがお得だが、今住んでいる県には家を建てる気は無いため、いずれタイミングが来たら建てたい。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者 , 子ども(小1~小6)

定年退職後

定年するまでは一緒に引っ越して定年後に購入するという声も。

定年後は主人の故郷に戻り、新しく家を構えるつもりです。回答者:40代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(中1~中3)

定年後に考える予定。子どもたちといっしょに住める年数が少なくなってきたので、夫婦二人だけになってから考える予定です。回答者:40代/転勤回数5回以上/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6), 子ども(中1~中3)

家は購入しないという方

転勤生活を経て、もう家の購入予定はないという方の声も多くいただきました。

家を購入すると、行く末に子供の負担になる可能性が大きいのと、夫婦で旅行に出かける夢があるので、ローンを組むお金を旅行代金にしようと話しています。回答者:30代/転勤回数5回以上/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6), 子ども(中1~中3)

いつまで転勤が続くかわからないので、購入予定は今のところありません。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児)

転勤生活に慣れてしまったので、1つの土地に長くいるイメージがないので今の所購入の予定はない。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(年少~年長)

いつまで転勤あるかわからないし、今更購入するメリットがない。回答者:30代/転勤回数3回/家族構成 配偶者, 子ども(未就園児), 子ども(年少~年長)

30代前半で子供が小さいうちはマイホームへの憧れもあったが、もう持ち家を持ちたいという気持ちは特にない。ただ老後を考えると家があった方がいいのかとも等考える。回答者:40代/転勤回数2回/家族構成 配偶者, 子ども(小1~小6)

まとめ

転勤族にとってマイホームを購入するのか、買うならいつがよいのかという点は大きな悩みです。

いつどこに転勤が決まるかは家族だけの都合では決まらないことですし、子供の成長など家族のライフイベントとの兼ね合いが難しいなと改めて感じました。アンケートにご協力いただいた皆様ありがとうございました。

住んではいけない土地を避けて安全に家探しをする方法【必ずチェックすべき防災情報まとめ】

【要チェック】土地勘のない場所の引っ越し&家探しに役立つサイト

「子育てしやすい街」を見極める。引っ越し前に自治体を比較する方法

読んでいただきありがとうございます。
記事についての追加情報や感想などコメント欄からお知らせいただけたら嬉しいです。

\ 人気記事ランキング /

〇今週の人気記事:人気記事ランキングTOP10を見る

〇管理人の雑談コラム更新中:人気ランキングを見る

\ 転勤族ナビtententoをフォローする /

◯Twitterで更新情報を受け取る:Twitterをフォローする

◯Instagram で更新情報を受け取る: Instagram をフォローする

◯amebaブログ で更新情報を受け取る:amebaブログをフォローする



転勤族ナビtentento編集部

転勤族による転勤族のための記事とコラムをほぼ毎日更新するWebサイト「転勤族ナビtentento(てんてんと)」です。転勤族が新しい土地に住む時に役立つ、地域の情報・子育て・暮らし・収納・インテリア・転勤族の妻のための働き方についてお届けしています。転勤族ナビtententoとは?

コメント

この記事へのコメントはありません。

記事を読む

人気記事(暮らし) 人気記事(仕事)
  1. 名古屋市立小学校のトワイライトって何?~名古屋市の小学生の放課後事情~

  2. 住んではいけない土地を避けて安全に家探しをする方法【必ずチェックすべき防災情報まとめ】

  3. 転勤族ってどんな仕事をしてる人?転勤が多い業種や職種をご紹介

  4. 仕事と子供の病児対応~病児保育を知る、利用してみた感想~

  5. 【経験談と実例】日用品の備蓄(ローリングストック)にはどんなアイテムが何個必要?

  1. 主婦の仕事探しにおすすめ。ひとりで簡単にできる自己分析~自分を客観的に見る3つの方法・記入シート付~ 国家資格キャリアコンサルタントが解説

  2. 転勤族の妻の仕事探し。スムーズに仕事を見つける方法を国家資格キャリアコンサルタントが解説

  3. 転勤族の妻の面接準備。パート面接でよく聞かれる質問や事前準備をキャリアコンサルタントが解説

  4. 転勤族の妻の「キャリア」今は無理に働かないという選択肢も。

  5. クラウドワークスに登録する前に必ず知ってほしい4つの基礎知識【初心者さん要注意】

新着コラム

  1. コメダ珈琲の本店(名古屋市瑞穂区)へ行ってみました

  2. 転勤族のメリット・デメリットについて。結婚12年目に個人的に思う事

  3. 名古屋のわらび餅「芳光(よしみつ)」さん

  4. 熱田神宮のキンモクセイ

  5. 「まこもだけ」を知っていますか?

  6. 転勤族さんにおすすめしたい「街の達人」という地図本

  7. 八事から徒歩三分、興正寺

  8. 青川峡キャンピングパークを予約するコツ(名古屋から車で1時間のおすすめスポット)

  9. お洗濯洗剤ジェルボールの普及率

  10. 「豆徳さんの彩菓とりどり」広島のおいしいもの

最近の記事

  1. 引っ越し準備はいつから?転勤族60名に聞いた「引っ越しのコツ・裏技」まとめ

  2. 千葉県で転勤族が多いのはどこ?《千葉・市川・船橋・松戸など》

  3. 兵庫・神戸の転勤が不安な方へ。転勤族20名に聞いた「兵庫県に住んでみて感じた、良かったこと」をまとめました

  4. 失敗しない幼稚園の選び方。急な引っ越しでも子供に合う園を見極めるコツ

  5. 福岡県で転勤族が住んでいたのは何市?何区?転勤族20名の声をまとめました

  6. 賢いクリスマスグッズの選び方~省スペース片付けやすいおすすめは~

  7. 「子育てしやすい街」を見極める。引っ越し前に自治体を比較する方法

  8. 住んではいけない土地を避けて安全に家探しをする方法【必ずチェックすべき防災情報まとめ】

  9. 神戸・西宮など兵庫県に転勤族が住むならどこ?転勤族20人に聞きました

  10. 【要チェック】土地勘のない場所の引っ越し&家探しに役立つサイト23個~学校・街の口コミ・助成等~