転勤族の子育て

ママ友ランチのメニューアイデア集 頑張りすぎないがちょうどいい!簡単おもてなし&注意ポイント

ママ友ランチのメニューアイデア集 頑張りすぎないがちょうどいい!簡単おもてなし&注意ポイント

転勤族生活をしていると、近くに友人もいなく実家も遠く、ママ友が最大の理解者であり協力者になっているという方も多いと思います。

そんな中、家にママ友さんとお子さんを招いてランチをするというシーンがあると思います。

いざお招きするとなると、メニューや、どんなおもてなしをしたらよいのか?など、まだ相手と気心の知れないうちは悩んでしまうものです。

でも実は、作るメニューやおもてなしは頑張りすぎないくらいがちょうどいいのです。

なぜなら、ママ友とのお付き合いはなんだかんだと長いもの。いきなりおもてなしメニューを頑張りすぎると、知らず知らずのうちに、お互いのハードルが上がりすぎて疲れてしまいます。

ただ配慮がたりなすぎるとそれもまたトラブルのもと…特にお互い子供を連れている場合は最低限の配慮や工夫は必要です。

この記事では、ママ友がお子さん連れで家に家に来るときのおもてなしランチメニューアイデアや、注意点をまとめています。この記事を読み終えると、気持ちを楽にして楽しくランチの準備ができるようになるはずです♪

ママ友ランチメニューの考え方

メニューを考える前にまずは基本的な考え方です。

頑張りすぎるとお互いに負担

お子さんを連れてママ友さんと家ランチができるのは、お互いのお子さんが未就園児~小学校の低学年くらいだと思います。まだまだお子さんに手がかかる時期。

メニューもおもてなしも、頑張りすぎないのがポイントです。頑張りすぎてしまうと、

  • 次に自宅に来てもらったら同じようにおもてなししなきゃ…
  • 持ってきたお土産では足りなかったかな…

など、相手にも気を使わせてしまうことになります。大変な時期はお互いさま。華やかさよりも最低限のおもてなしがおすすめです。

最低限のおもてなしポイント

それを踏まえた、最低限のポイントは

  • 部屋が適度に片付いて不衛生になっていないこと
  • 危ないものや触られて困るものは別の部屋に移動させること
  • スリッパやお手拭きタオルなど必ず使うものを用意してあること

このあたりの配慮になります。

ママ友ランチメニューの注意ポイント

せっかくの楽しい会でお互いに嫌な気持ちにならないよう、注意したいポイントをまとめます

アレルギーの有無を確認

アレルギーがあるものを出してしまうと命に関わる問題です。子育てをしている人なら多くの方は意識していると思いますが、アレルギーについては事前に必ず確認です。

また合わせて嫌いなものや好きなものはある?と聞いておくとメニューを考えるヒントにもなります。

シミや色が付く料理に注意

お友達が来てくれた時は、ケチャップ、カレーなど、もしこぼしてしまったときに、色が付きやすいメニューは控えるようにしています。

カレーライスやナポリタン、オムライスなどはみんな大好きで選びがちなメニューですが、お子さんの服についたりしやすいですし、もしもお子さんがこぼしてしまったものが自宅のカーペットについたりすると相手のママさんにも気をつかわせてしまいます。

ママ友付き合いにおいては余計なトラブルや気遣いは避けておくのが無難です。

取り分ける量に注意

メニューだけではなく、量も大事なポイントです。たくさん作って取り分けても、招かれた方の子供は珍しい環境に興奮して食べてくれないことが多いもの。

たくさん残してしまうと気をつかわせてしまいます。同じような年齢や体格でも食べる量は人それぞれ。大人も子供も、食べられる量を確認してから盛り付けるのがおすすめです。

ママ友ランチメニューアイデア

ではここからおすすめのメニューを紹介します。

私の経験ですが、珍しいものをメニューに出すよりも、見慣れていて味が想像できるもののほうが食べてくれることが多いです。

「絵本によく出てくるメニュー」「お弁当にはいっているメニュー」と考えていくと考えやすいです。

具体的なメニューは

主食
・おにぎり
・サンドイッチ
・ホットケーキ
・ホットサンド
・ハムチーズトースト

おかず
・卵焼き、目玉焼き
・ウインナー
・チキンナゲット
・からあげ
・パスタ
・鶏のソテー
・お豆腐のハンバーグ

野菜くだもの
・ミニトマト
・ブロッコリー
・コーンバター
・アスパラのベーコンまき
・ほうれん草ソテー
・りんご
・いちご
・バナナ

気取らず、だれでも簡単に作れるものが一番食べてもらいやすいものです。

また、お子さんだけではなくお母さんも同じメニューがおすすめです。

お母さんように別メニューを用意してもなぜか子供がそっちがいい!ってなるパターンになってしまいがち。盛り付けを工夫して、大人も満足できるようにしてしまいましょう。

まとめ:頑張りすぎない、いつものメニュー

ポイントは、頑張りすぎない、安心安全、いつものメニューをちょっとおしゃれに。

転勤族の妻にとって欠かすことのできないママ友さんという存在。

ママ友さんと家でランチをすることになっても、少しの配慮をすることでお互いに気を使いすぎることがなく、また気持ちよく付き合っていけるようになるはずです。

おまけ:あると便利な子連れ家ランチグッズ

こぼしちゃった!の対策にストローマグがあると便利です。人数が集まると、とどうしても飲み物をこぼしがち。来客用に1セットあると便利です。

IKEAのかわいい子供用食器もネットで購入できます。落としても割れない食器とカトラリーが一式セットです。

こちらもよく読んでいただいている記事です♪

ABOUT ME
tomo*転妻
tomo*転妻
二児の母で子育て中心の生活をしています。転勤族になって10年以上になりました。プチミニマリスト。すっきりしたお部屋で暮らしたい。楽天Roomで転勤族暮らしにおすすめのキッチン用品やインテリア・各地のおいしいものを紹介してます♪→ 転勤族の欲しいを集めた楽天Room
この記事が気に入ったらTwitterフォローお願いします
転勤族に役立つ情報を配信中

転勤族妻.comをTwitterフォローする
この記事を読んだ人におすすめ