愛知で人気の転勤族が多く住みやすい地域は?\転勤族35人に聞きました/

愛知県と言われても、思い浮かぶものといえば、名古屋城とトヨタ自動車とレゴランドと・・・という乏しい情報しか持っていない状況で、急きょ愛知に転勤!!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事ではそんな方のお役に立つべく「愛知県で人気の転勤族が住みやすい地域」について、愛知県に住んだことのある転勤族の方々からの声をもとにご紹介していきます。

愛知のエリアについて

まずはじめに、愛知の各エリアについてご紹介していきたいと思います。
転勤が決まって住まい探しをしようにも、地名が読めない!イメージが湧かず検討のしようがない!ということ、ありますよね。
現在進行形でお困りの方々にも、いつかは愛知に転勤の可能性があるな…というお急ぎではない方々にも、お役立ていただけると嬉しいです。

名古屋市

16区からなる愛知県で唯一の政令指定都市で、東京を除くと人口の多さは横浜市・大阪市に次ぐ第3位だそうです。
名古屋駅(”名駅(めいえき)”と呼びます)・栄駅周辺が名古屋の二大エリアで、オフィスや商業施設が集中しています。この名駅エリアと栄エリアはたった2キロ程しか離れていません。
車社会の愛知県ですが、名古屋市ではJR・名鉄・近鉄・市営地下鉄・市営バスなど、公共交通機関も発達しています。

尾張

一宮市・瀬戸市・春日井市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・清須市・北名古屋市・長久手市・東郷町・豊山町・大口町・扶桑町

愛知県の北西部に位置します。
名古屋から近畿、関東、北陸方面への高速道路道路や鉄道の路線が分岐している、交通の要のエリアです。
名駅・栄エリアが名古屋市の端の方に位置することもあり、尾張エリアは名駅・栄エリアに比較的近くアクセスがいい地域も多いです。
日本最古の天守閣を持つ「犬山城」・織田信長が初めて築城した「小牧城」・桶狭間の戦い時に織田信長の拠点だった「清州城」があるのがこのエリア。歴史好きの方にも好まれそうです。

海部(あま)

津島市・愛西市・弥富市・あま市・大治町・蟹江町・飛島村

愛知県の西部に位置します。
”名古屋駅に近い田舎”と表現する方もいるように、自然が多く割とのどかでありながら、駅の近くであれば市街地に出やすいエリアです。
弥富市の「金魚」や、七宝町の伝統的工芸品「七宝焼」が有名です。
唯一の村である飛島村には臨海工業地帯があり、人口は少ないですが”日本一リッチな村”として名を馳せています。

知多

半田市・常滑市・東海市・大府市・知多市・阿久比町・東浦町・南知多町・美浜町・武豊町

名古屋市の南部に位置し、知多半島と篠島・日間賀島などの島々からなっています。
温暖な気候を生かし、野菜や米だけでなく、花木や果樹の生産も盛んです。くだもの狩りなどの施設もたくさんあります。
名古屋の人がまず思い浮かべる海水浴場といえば、南知多町の内海(うつみ)ですし、名古屋からでも日帰りで行ける篠島や日間賀島等の観光スポットもあります。
常滑(とこなめ)市には、中部国際空港もあります。

西三河

岡崎市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・知立市・高浜市・みよし市・幸田町

愛知県の中央に位置します。
豊田市を中心に自動車関連産業が盛んな地域で、大企業のみならずそれを支える中小企業も多く立地しています。岡崎市の八丁味噌や花火なども有名です。
車社会ではありますが、安城市には東海道新幹線停車駅の三河安城駅もあります。
徳川家康生誕の地である「岡崎城」、足利義氏が築いたとされる「西尾城」もあります。

東三河

豊橋市・豊川市・蒲郡市・新城市・田原市・設楽町・東栄町・豊根村

愛知県の東部に位置し、”ほの国”とも呼ばれる豊川流域と渥美半島からなるエリアです。
中心都市は東海道新幹線停車駅の豊橋駅もある豊橋市で、距離的なこともあってか、同じ愛知県内でも尾張や三河とはまた別の色があるそうです。
豊川市には日本三大稲荷の豊川稲荷がありますし、蒲郡市のみかんや蒲郡温泉、田原市の太平洋ロングビーチなども有名です。

転勤族が住んでいたのは愛知県のどこ?

全エリアに居住したことがある方がいたことになりますが、やはり人口の多い名古屋市に住んでいた方が圧倒的に多い結果となりました。細かく見ると、住んでいたのは名古屋市の中でも色々な区だったこともわかります。
続いて2位には、名古屋駅にアクセスの良い尾張エリアがランクインしています。

住まいのエリアを決めたポイントは?

実際に愛知に転勤で住んだことのある方はどのように地域を選んだのか、気になりますよね。
たくさんのご意見を寄せていただいていますので、きっと参考になると思います。

家族構成により、着眼点が異なっているようです。

単身世帯のご意見

職場に比較的近く、でも近すぎない(40代女性・名古屋市名東区に3年以上居住)

駅から近い(30代女性、名古屋市昭和区に3年程度居住)(20代女性、名古屋市瑞穂区に2年程度居住)

職場から近くアクセスがいい場所を重視しました。(30代女性、 名古屋市中区に3年程度居住)(30代女性、岡崎市に2年程度居住)

スーパーかコンビニ、買い物の便が良いところ(30代女性、西尾市に3年以上居住)

家賃の安さと安全さ(20代女性、一宮市に2年程度居住)

通勤は毎日のことですから当たり前とも言えますが、単身世帯の方々は、”職場や駅、スーパー等が近い”という、主に利便性を重視した立地条件で選んだ方が多数でした。

夫婦お2人世帯のご意見

名古屋中心エリアで治安の良いところ(30代女性、 名古屋市西区に1年程度居住)

暮らしやすさ(30代女性、名古屋市千種区に3年以上居住)

駅から近い、職場まで一本で行ける、繁華街(30代女性、 名古屋市熱田区に2年程度居住)

適度に静かで、交通の便も悪くないところです。特に名古屋へのアクセスを気にしました。(30代女性、岡崎市に3年程度居住)

職場までの距離(20代女性、岡崎市に1年程度居住)

利便性を重視してドラッグストアやドンキホーテの近くを選びました。(30代女性、豊橋市に1年程度居住)

関西にすぐに帰られるように新幹線の駅がある豊橋市を選びました。(30代女性、豊橋市に3年程度居住)

①夫の勤務先の最寄りが上小田井駅だったので、そこから電車で30分以内であること。
➁ハザードマップ上で安全圏内であること。
➂最寄りの駅から徒歩10分以内であること。
④徒歩で通える範囲内にスーパーマーケットがあること。
(30代女性、扶桑町に3年以上居住経験あり)

夫婦お2人の世帯の方々も同じく職場・駅・スーパーが近い利便性は重視し、その上で名古屋中心エリアへのアクセスや、地元へのアクセスの良い場所を選んだというご意見がありました。
限られた愛知での生活の時間を少しでも豊かにしたい気持ちからだと思います。ごもっともな意見です。

子育て世帯のご意見

乗り換えなしで通勤できるところ。また、出張があるので新幹線や空港へのアクセスが良いところを選びました。(40代女性、名古屋市瑞穂区に3年以上居住)

職場まで30分以内なのと保育園が複数ある地域(30代女性、 名古屋市中村区に3年以上居住)

静かな環境かどうか(40代女性、 名古屋市緑区に3年以上居住)

転勤族が住んでいるエリア(40代女性、 名古屋市天白区に3年以上居住)

駐車場があること、生活圏内で大体の便利なものが揃うこと。(30代女性、 名古屋市緑区に3年程度居住)

勤務先へ近いこと。新幹線での乗り換えや時間が出来るだけ少ないこと(30代女性、名古屋市中区に3年程度居住)

名古屋市には転勤族がたくさん住んでいる地区があると聞いていたので、そのエリアで引っ越す場所を選びました。子供の教育を重視していたので口コミサイトで学力レベルの高い学校がある学区をいくつか候補にして、物件選びを始めました。最終的に二つの学区に絞り、物件の下見をして気に入った物件のあったエリアに決めました。(40代女性、 名古屋市名東区に3年以上居住)

地下鉄の便が良いところ(40代女性、 名古屋市瑞穂区に3年以上居住)

愛知ということに限っては、不動産屋さんの勧めで、西区港区南区は避けていました。天白・名東あたりが転勤族にはおすすめとのことでそのあたりで。あと赤池駅周辺も人気と聞きました。(30代女性、名古屋市天白区に3年程度居住)

転勤族がある程度多い、学区の評判が良い、車なしでも不自由なく生活できる(カーシェアのステーションが近所に複数ある・タクシーを拾いやすい)ことを重視しました。(30代女性、名古屋市東区に3年程度居住)

子育てのしやすさと職場へのアクセスの良さ(20代女性、あま市に3年以上居住)

高校入試の方法が他県と違ったことや、高校通学圏内に入るように探しました。(40代女性、岡崎市に3年程度居住)

飯田街道と武豊線の沿線に住宅地域が広がっているので緒川駅や石浜駅などどの駅周辺に住むのかに悩み、町役場と緒川駅の中間地点で賃貸物件を探しました。また、緒川駅前には、イオンモールやスギドラッグなどの郊外型店舗が複数あったので。(40代女性、東浦町に3年以上居住経験あり)

通勤しやすい場所。職場へ徒歩で行ける距離。(30代女性、江南市に3年以上居住経験あり)

移動がしやすいこと。(30代女性、春日井市に3年以上居住経験あり)

子育て世帯では、利便性に加えて、生活環境や子育てのしやすさ、他の転勤族の方が多く住んでいる地域かどうか、学区(地域によっては校区・通学地域とも呼ぶようです)の評判はどうかという点を重視する意見が複数ありました。
転勤による転居に伴い転校を余儀なくされる子供たち。少しでも馴染みやすい環境を用意しようと思うのが親心ですね。

その他の世帯

都会だけど落ち着いているところ(30代女性、名古屋市名東区に3年以上居住)

家族が問題なく暮らせる、新しめの家(20代女性、一宮市に1年程度居住)

治安、駅が近いかどうか(20代女性、一宮市に3年以上居住)

転勤で親御さんと一緒にお引越しされる方もいるそうです。
落ち着いていて治安が良く、便利で新しいお家なら、暮らしやすいに違いありませんね。

筆者は、会社の出す条件に合わせて自分で賃貸住宅をリサーチし、見つけた物件を会社に借り上げてもらうスタイルなのですが、社宅が手配され、ご自身で居住地を決める必要がない方もおられます。

社宅です。転勤が決まったら、空いている社宅が手配されます。(30代女性、名古屋市中村区に3年程度居住)

社宅には同じ転勤族の方も多く居住されているはずですから、安心してお引越しできますね。

愛知に再び転勤になったらどこに住みたい?

再び愛知に転勤になったらどこに住みたい?との質問に関しては、名古屋市に住みたいというお答えが圧倒的に多い結果になりました。細かく見ると、名古屋の都心部に近い区を希望される方が多いようです。
理由もご紹介します。

第一位の名古屋市

中区 買い物や食事に便利(40代女性、 名古屋市名東区に3年以上居住)

中区栄辺り 都会っぽくて買い物などとても便利だと思う(40代女性、 名古屋市天白区に3年以上居住)

中区。名古屋駅にも近く、栄にも歩いて行けるのがとても便利だったからです。駅前には図書館があり、周辺に公園も多く、子育てしやすかったです。(30代女性、 名古屋市中区に2年程度居住)

名古屋市中区:アクセスがよく電車にも新幹線にも乗りやすいから(30代女性、 名古屋市中区に3年程度居住)

中区は名古屋のど真ん中!便利なシティライフをしたい方にはピッタリですね。名古屋駅も近いので、新幹線で遠くに行くのにも便利です。

千種区で子供を育てたいです。受験とかさせて、いい学校のいい環境に置きたいです。(30代女性、岡崎市に3年以上居住)

名古屋市千種区 文教地区も学力レベルが高いので住んでみたいです。(40代女性、 名古屋市名東区に3年以上居住)

千種区 星ヶ丘がおしゃれで、買い物に便利だから。(40代女性、 名古屋市緑区に3年以上居住)

地下鉄東山線が通り、名駅や栄へのアクセスも良く人気の千種区。
おしゃれで便利というご意見以外にも、お子さんの学校選びの観点で選択されている方も多いようです。
千種区の人気学区では、定住する家を建てるための土地を探している人がたくさんいるという話も聞いたことがあります。

東区で静かだけど都会に近いからです(20代女性、 名古屋市瑞穂区に2年程度居住)

名古屋市東区。実際に居住し、とても気に入っているのでまた住みたいです。栄まで徒歩圏内の便利な立地なのに、学区が人気だからか子どもも多く、教育熱が高いご家庭ばかりで良い刺激を受けられます。カフェやレストラン等、お洒落で美味しいお店も多い割に、割と静かで治安も良いです。名古屋は「大いなる田舎」と言われることもありますが、東京や大阪などの都会から転居してきた方もこの辺りに住めば生活スタイルを大きく変えることなく満足に生活できると思います。(30代女性、 名古屋市東区に3年程度居住)

栄エリアのすぐ近くでありながら、昔ながらの建築物や武家屋敷が残っているエリアもあり、静かな環境が整っています。
こちらもお子さんの学校選びの観点で選択される方がおられるようです。
東区の人気学区では、ファミリー向けの広めの賃貸住宅の空きがあまりないという話を聞いたこともあります。

名古屋市昭和区。閑静な住宅地で子どもの教育レベルも高いと思うから。(30代女性、豊橋市に3年程度居住)

昭和区御器所(ごきそ)  落ち着いた街の雰囲気で住みやすそう(30代女性、 名古屋市熱田区に2年程度居住)

昭和区は、名古屋大学・南山大学・中京大学など大学が集まっているエリアでもあり、教育施設が充実しています。こちらもお子さんの学校選びの観点で選択される方も多いエリアです。

名古屋市名東区。理由は教育熱心だから、子供への環境はいいと思います。(30代女性、 名古屋市名東区に3年以上居住)

名東区 新しいお店が多いエリアなので(40代女性、 名古屋市瑞穂区に3年以上居住)

名東区は、地下鉄東山線が通り、乗り換えなしで栄や名駅エリアに出られます。東名高速道路の名古屋インターもあり、昔から転勤族に人気のエリアです。
人気の学区も複数あるため、児童数の多いマンモス校も多いです。こちらも学校選びの観点で選べばれるエリアのようです。

名古屋市天白区。今転勤族として住んでいて悪くないのでまた住みたいです。地下鉄に乗れば中心部までも出やすい。住宅地が多く雰囲気が落ち着いている。ただ天白も広いのですが、原や平針のほうより、八事・塩釜口方面のほうが雰囲気がよいです。(30代女性、 名古屋市天白区に3年程度居住)

天白区は、地下鉄鶴舞線・桜通線が通り、やはり名古屋中心部へのアクセスは良いエリアです。
落ち着いた雰囲気の住宅地でありながら転勤族の方が多いのはやはり心強いですよね。

中村区 地下鉄が通っていて名駅まで近いし大きめの公園や神社もありとても住みやすい。(30代女性、 名古屋市中村区に3年以上居住)

名古屋市中村区がいいです。住んだことがありますが、まだまだ知らない部分も行ったことが無いところもあるので。(30代女性、 名古屋市中村区に3年程度居住)

中村区は、とにかく便が良いエリア。名古屋駅は中村区にあります。
繁華街でシティライフにはピッタリなエリアです。諸々制覇するのには時間がかかりそうですね。

西区の則武あたりに、大きなイオンが建設中なのでその周辺が良い。(30代女性、 名古屋市西区に1年程度居住)

西区は、名古屋駅周辺の西側エリアは西区です。
土着の方が多いエリアですが都心部へのアクセスも良く、挙げていただいた建設中のイオンの他にも、レイクタウン、幕張新都心に次いで日本で3番目に大きいイオンモールのmozoワンダーシティがあります。

緑区が良かったので。名古屋駅からも近く、家賃も安かったのがよかった。(30代女性、 名古屋市緑区に2年程度居住)

緑区は、子育て世代の多い新しめの街です。
中心部から少し距離があることもあり、車での生活がとても便利です。

名古屋市 日々の生活に困ることがなさそうなため(20代女性、一宮市に1年程度居住)

名古屋市。車がなくても生活ができそうだから。(20代女性、あま市に3年以上居住)(30代女性、西尾市に3年以上居住)(30代女性、岡崎市に2年程度居住)

転勤族が多いのは、名古屋市の中でも東側のエリアのようです。
希望者の多かった、千種区・東区・昭和区・名東区・天白区は、お子さんの学校選びの観点で選択されたという意見が目立ちました。加えて瑞穂区も同じ学校選びの観点から選ばれがちなエリアです。
筆者もそうでしたが、夫婦のみ世帯での引越し、若しくは子どもが乳幼児の頃の引っ越しでは、”学区”を意識することは少ないと思います。ですが、”学区”を意識して物件探しを始めると、利便性とは別に学区が良いとされるエリアの家賃設定が高くなっていることに気が付きます。需要があるから家賃が上がるということです。
価値観は人それぞれですが、参考にしていただけると嬉しいです。

尾張エリア

2位には名古屋市にもアクセスの良い尾張エリア。【愛知県の転勤族ニュース】住みここちランキングNo1の市は?2021年最新データの記事でもNo1にランクインした長久手市を希望される方もおられますね。

長久手市はイオンをはじめ、いろいろなお店ができており自然も近いので住んでみたら楽しいと思います。(40代女性、 名古屋市瑞穂区に3年以上居住)

一宮市。医療費助成が中学校まである。道が比較的綺麗。(30代女性、江南市に3年以上居住)

東郷市、商業施設もできてどんどん住みやすくなってきているから(20代女性、東郷町に1年程度居住)

もともと住んでいた扶桑町の物件は気に入っていたので、またそこに住みたいです。(30代女性、扶桑町に3年以上居住)

愛知県は、車社会が浸透しているからか、郊外型の大規模商業施設がとても多いです。それらの多くが尾張エリアに存在します。近隣に商業施設があることも住みやすさに寄与しているようです。
また、特に子育て世代では、子どもの医療費助成制度は家計への影響が大きいのではないでしょうか。案外、行政によって差がある部分なので、引っ越し前に一度調べてみる価値ありですね。

西三河エリア

3位は西三河エリアでした。

岡崎市 適度に緑が多く、国立研究所などもあり治安が良い。(40代女性、岡崎市に3年程度居住)

刈谷市 長久手 自然もあり、栄えている 車も使える すみやすい(30代女性、 名古屋市昭和区に3年程度居住)

車が必須の地域にはなりますが、大型の公園や商業施設も多く住みやすいエリアのようです。
トヨタ自動車をはじめ製造業が盛んで大企業も多い地域なので、転勤族ではなく定住している方でも他地域の出身という方はとても多く、転勤族も馴染みやすいのではないかと思います。

東三河エリア

豊橋市 豊橋駅付近(30代女性、豊橋市に1年程度居住)

豊橋駅周辺なら、名古屋駅はもちろん、静岡方面へもアクセス良好ですね。(東三河エリアは、名古屋都心部よりも静岡県浜松市の方が近いです!)

海部エリア

飛島村。町の財政が非常に豊かであり、新生児から100歳を超える高齢者まで手厚く保護されていて助成金や報奨金なら何かにつけてお金がもらえる。(40代女性、東浦町に3年以上居住)

冒頭のエリア紹介でも日本一リッチな村としてご紹介した飛島村を希望される方もおられました。やはり助成制度の充実度は地域を選ぶ基準の1つになりますね。

愛知で転勤族の多い地区や住みやすいエリアはどこ?

最後に、実際に愛知に住んでみて、転勤族が多いと感じたエリアや住みやすそうと感じたエリアはどこかについても聞いてみましたので、結果をご紹介します。

名古屋市 名古屋支店の企業や様々な施設も整っており交通の便が良い。(40代女性、岡崎市に3年程度居住)

中区はオフィス街なので転勤で働きに来てるサラリーマンは中区がいいと思います。(20代女性、 名古屋市瑞穂区に2年程度居住)

名古屋市、1番公共交通機関が発達していて、タクシーでも動きやすいため。(20代女性、東郷町に1年程度居住)

中村区だと思います。お店もたくさんあります。(30代女性、 名古屋市中村区に3年程度居住)

名古屋市 困ったときになんでもそろっている。イベントなどもおおよそ名古屋で開催される。(20代女性、一宮市に1年程度居住)

やっぱり名駅周辺かなぁ。移動しやすいし。子連れなら則武あたりだと住めそう。(30代女性、 名古屋市西区に1年程度居住)

熱田区、中区 名古屋駅にも近いし繁華街で住みやすい(30代女性、 名古屋市熱田区に2年程度居住)

中区や栄区は飲食店や生活に必要なお店が多くあるので住みやすいと思います。(30代女性、 名古屋市中区に3年程度居住)

名古屋市名東区 閑静な住宅街が多く治安もよいです。公立学校のレベルも高いです。(40代女性、 名古屋市名東区に3年以上居住)

名東区、東区 転勤が決まって調べるとよくこのエリアがおすすめに出てきていた。(30代女性、 名古屋市中村区に3年以上居住)

名古屋の東区あたりが多いみたいです。きれいなうえ子育て環境も整っているので。(30代女性、岡崎市に3年程度居住)

車なしで問題なく生活できて子供の学校のことも考えて生活を送るなら、東区がベストだと思っています。転勤族も思いのほか多く、子供のクラスでも1学期の間に3人入れ替わりました。近隣で便利なエリアだと、1学年20人以下という小学校や、日本人より外国籍の子が多いと言われるほどの小学校、実は地元の方は越境で別のエリアの公立小に通っている方ばかりなんてケースがざらにあるそうなので、小学生以上のお子さんがいる方は学区をよく調べることをお勧めします。(30代女性、 名古屋市東区に3年程度居住)

天白区原や植田辺りは転勤族も多く大きな公園もあり住みやすい(40代女性、 名古屋市天白区に3年以上居住)

天白区は転勤族が割といて、子供のクラスでも学期中に1~2人は入れ変わっています。私が引っ越した時も、学年で新しく転勤してきた子が同時に3人いたので、馴染みやすかった様子。先生も転入転出の対応に手慣れていて心強かった。引っ越しの際に聞いた情報では、名東区・天白区は転勤族が多いとのことでした。あとは緑区(南大高駅、徳重駅周辺)も若いご家族に人気と聞きました。(30代女性、 名古屋市天白区に3年程度居住)

中区、昭和区。公園や子育て広場などで転勤族のママに数人会ったことがあるからです。(30代女性、 名古屋市中区に2年程度居住)

緑区 社宅があちこちにたくさんあるので、転勤族と知り合って情報交換できる(40代女性、 名古屋市緑区に3年以上居住)

星が丘は、お店が多いので便利です。 また、八事近辺もお店が多く、文教地区なのでお店が学生向けからちょっと良いお店もあり楽しいと思います。(40代女性、 名古屋市瑞穂区に3年以上居住)

瑞穂区 ショッピングモールや運動場がある。家族持ちにはすみやすい場所(30代女性、 名古屋市昭和区に3年程度居住)

上小田井駅の周辺は夫の会社の転勤族の皆さんが住んでいたようです。ハザードマップさえ気にしなければ、値段も手ごろで名古屋駅への利便性もよいからではないでしょうか。(30代女性、扶桑町に3年以上居住)

ここでも名古屋市とのお答えが多かったです。利便性の高さ、同じ転勤族の多さ、子育て環境や学校選びの観点で選ばれています。
名古屋は、名駅・栄エリアから少し離れると住宅街が広がったり緑が多くなってきたり、東京や大阪と比べると割とコンパクトな街です。(ちなみに、筆者はそこが名古屋の魅力だと思っています。人口も多すぎずとても生活しやすいです。)
全国転勤があるような会社のオフィスも、名駅・栄エリアに集中していますし、名古屋市を選ぶ転勤族が多くなるのは必然なのかなとも思います。

他のエリアのご回答もいただいています。

名古屋市と豊田市に転勤族が多いものの、日進市や長久手市の方が住みやすいと思います(40代女性、東浦町に3年以上居住)

一宮や稲沢はJRも名鉄もあるため、家賃も安く、住みやすいと思います。(20代女性、一宮市に3年以上居住)

一宮市。道が比較的綺麗。同僚も住んでいる。(30代女性、江南市に3年以上居住)

名古屋市内は転勤族が多いように思う。 住みやすいのは岡崎市。名古屋までも ほどよい遠さで、ほどよく田舎、ほどよく都会というかんじ。(30代女性、豊橋市に3年程度居住)

岡崎、刈谷辺りは工場が多いので転勤族が多そうだと思いました。(20代女性、岡崎市に2年程度居住)

西尾市。程よく田舎であるところ。交通の便よくも悪くもない。(30代女性、西尾市に3年以上居住)

名古屋以外で豊橋市、田原市は転勤族が多いと思います。(30代女性、豊橋市に1年程度居住)

全体的にご自身の住んでいるエリアをお答えいただく方が多かったです。様々なエリアのお答えがありましたが、実際に住んでみて転勤族が住みやすいと感じたという声はとても参考になりますね。

おわりに

tentento編集部によるアンケートの結果、愛知県で転勤族が多く住みやすいとされるエリアは「名古屋市」という意見が大半でした。
関東や関西のみならず、北陸・静岡・長野などにもアクセスのいい愛知県、日本三大都市の1つでありながら、関東圏や関西圏ほどの渋滞も満員電車もないのでお出かけもしやすくとても住みやすい街です。
イメージに左右されるだけでなく、実際の経験者の声を参考にしていただき、満足のいく住まい探しのお役に立てれればと願っています。

読んでいただきありがとうございます。
記事についての追加情報や感想などコメント欄からお知らせいただけたら嬉しいです。

\ 人気記事ランキング /

〇今週の人気記事:人気記事ランキングTOP10を見る

〇管理人の雑談コラム更新中:人気ランキングを見る

\ 転勤族ナビtententoをフォローする /

◯Twitterで更新情報を受け取る:Twitterをフォローする

◯Instagram で更新情報を受け取る: Instagram をフォローする

◯amebaブログ で更新情報を受け取る:amebaブログをフォローする

◯ブログのランキングサイトで更新情報を受け取る:

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村
転勤族ナビtentento編集部

転勤族による転勤族のための記事とコラムをほぼ毎日更新するWebサイト「転勤族ナビtentento(てんてんと)」です。転勤族が新しい土地に住む時に役立つ、地域の情報・子育て・暮らし・収納・インテリア・転勤族の妻のための働き方についてお届けしています。転勤族ナビtententoとは?

この記事を読んだ人におすすめ

コメント

この記事へのコメントはありません。

記事を読む

人気記事(暮らし) 人気記事(仕事)
  1. 夫が在宅ワークの日のランチにおすすめしたい生協のミールキット

  2. 転勤族の家具選びで知っておきたい、失敗しない黄金ルールとおすすめ家具

  3. 誕生品の飾り付け\これさえあれば!を解説/誕生日や季節イベントにおすすめ装飾アイテム

  4. 転勤・内示が多い月は?何年おきの異動が一番多い?「時期」にまつわる転勤族データを調べました

  5. 荷造り荷解きのコツとすすめかた 連載003:最初に荷造りすると良いものは?

  1. 主婦の仕事探しにおすすめ。ひとりで簡単にできる自己分析~自分を客観的に見る3つの方法・記入シート付~

  2. 転勤族の妻の仕事探し。スムーズに仕事を見つける方法

  3. 転勤族の妻がパートで働くときに考えたい4つのポイント~仕事選び・面接準備~

  4. 【画像で解説】クラウドワークスの登録方法

  5. 転勤族の妻におすすめの資格。仕事探しや再就職に役立つ考え方をキャリアコンサルタントが解説

新着コラム

  1. 「豆徳さんの彩菓とりどり」広島のおいしいもの

  2. 【Instagram】パソコンから複数投稿と予約投稿ができる方法がわかりました

  3. 家を買ったら転勤の都市伝説について思う事

  4. Twitter運用にSocialDog(ソーシャルドック)がすごくいい

  5. OPPO Band Styleの睡眠計測が、実は、結構正しいのかもしれないと思った話

  6. 雑談記事をはじめてみて、思いがけずおきた2つの良かったこと

  7. イオンのレジゴーを体験しました

  8. 音声入力の精度がすごい

  9. OPPO Band Styleの1週間レビュー

  10. 生協お野菜ボックスで幸せを感じています