転勤族の妻におすすめの資格。仕事探しや再就職に役立つ考え方をキャリアコンサルタントが解説

パートナーの仕事の都合で引越しを重ねる転勤族の妻のみなさんへ。

この記事では、新しい土地で仕事を探している方や自分自身のキャリアについて考えている方に

  • 転勤族の妻におすすめの資格
  • 仕事探しや再就職に向けた資格の考え方

をご紹介します。

この記事を書いているHanaと申します。私自身、転勤族歴12年。現在は自営型テレワークで人事として働いていますが、転勤しながらの仕事探しに悩み、色々な失敗をしてきました。これまでの経験やその後取得した国家資格キャリアコンサルタントの視点でこの記事をお届けします。

転勤族の妻におすすめの資格とは

転勤族の妻が働くために必要な資格とは?キャリアコンサルタントが解説

転勤族は、いつどこに転勤になるかわからないため、今住んでいる場所で仕事を見つけても、引っ越しに伴い仕事を辞める可能性が高くなります。

そのような中で、年齢が上がり再就職に向けたが不安が増すことや、いずれ単身赴任の二重生活になってお金がかかるようになるかも…など転勤族ならではの事情を考えると、将来的に役に立つ資格を取りたいと考える方も少なくありません。

また、一般的にも資格人気は高まっており、 外出自粛による在宅時間の増加などに伴い、通信教育のユーキャンでは、2020年の4~11月の受講生数は前年比で3~5割多い水準となっているようです。

では、転勤族の妻にとっておすすめの資格とは、どのように考えていけばいいのでしょうか。

まずは、資格2つの考え方をご紹介します。

1)全国で需要のある仕事に関する資格

  • 医療事務 
  • 調剤事務
  • 介護事務
  • 登録販売者
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS検定)

これらの資格を持ち、実務経験を積んでおくことは、新しい土地に転勤しても似たような仕事で再就職しやすいのですし、採用する側の企業にとっても 即戦力として働いてもらえるという双方のメリットになります。

2)ネット上でできる仕事に関連した資格

  • ウェブデザイン技能検定(厚生労働省が唯一認定しているWebデザイナーの国家資格)

どこに転勤してもネット上で仕事を得られるように、このような専門スキルを得ることもひとつです。ただしこの分野では資格の有無よりも実務経験や仕事を得るためのコネクションが優先される傾向にあります。

自分にはどんな資格や働き方が合っているのか?

転勤族の妻という枠にとらわれすぎない

ここまでいくつかの資格を紹介してきましたが、大切なのは「転勤族におすすめ=必ずしも自分にもおすすめではない」ということです。

私たちは転勤族の妻として暮らしてはいますが、転勤のスパンや地域も異なりますし、ひとりひとりの得意なことやこれまでの経験も異なります。

資格取得にはそのために時間と費用がかかりますが、資格はあくまでも「手段」であり、仕事や自分の生き方そのものにつなげていくことが「ゴール」です。

転勤族の枠という事にとらわれず、

  1. まずは自分自身の「働く目的」「希望する仕事やの働き方」「自分の強み」などを考える
  2. その実現のために、必要ならば資格取得を行う

という流れで、まずは「目的」を整理して自分自身に必要な資格は何かを考えていくのがおすすめです。

再就職における資格の重要性は?

もし資格を取る目的が「再就職」だとした場合、その必要性について考えると、必ずしも資格が必要なわけではありません。

人材業界大手パーソナルキャリアが発表した調査結果によると、dodaエージェントサービスに寄せられた1万5000件の求人情報をもとに算出した結果、資格の有無を問わない仕事が77%だったとのことです。

採用条件として資格が求められる求人の割合を調べたところ、資格が必須の求人は全体の15%、資格があると尚可の求人は8%。残りの77%は資格の有無を問わないということがわかりました。

https://doda.jp/guide/ranking/062.html

仕事上様々な求人を目にしてきましたが、 個人的にもこのデータは実態に伴っていると感じます。

もちろん、その仕事に必要な資格においては、資格名を明記することで客観的なスキルをアピールできるため有利になる場合もあります。ただ、面接などの選考においては、資格そのものよりも「なぜその資格を取ったのか」「それを仕事でどう生かせるのか」など本人の考え方や行動が重視される傾向にあります。

「転勤族として働きやすそうだから 〇〇 の資格を取った」ではなく「自分の〇〇を生かして働くために必要だから〇〇の資格を取った」ということが客観的に説明できるように、まずは自分自身について考えてみるのがおすすめです。

まとめ:資格を取る理由そのものが再就職につながる

この記事では、新しい土地で仕事を探している方や自分自身のキャリアについて考えている方に

  • 転勤族の妻におすすめの資格
  • 仕事探しや再就職に向けた資格の考え方

についてご紹介しました。

資格を取ることや、新しい勉強をはじめる前に、自分自身について改めて考え、必要な資格を選択していただけたらと思います。

「転勤族の仕事・働き方」についての記事をもっと読む
転勤族の妻の仕事探し。スムーズに仕事を見つける方法
簡単にできる自己分析~自分を客観的に見る3つの方法・記入シート付~
転勤族の妻がパートで働くときに考えたい4つのポイント~仕事選び・面接準備~
転勤族の妻におすすめの資格。仕事探しや再就職に役立つ考え方

読んでいただきありがとうございます。
記事についての追加情報や感想などコメント欄からお知らせいただけたら嬉しいです。

\ 人気記事ランキング /

〇今週の人気記事:人気記事ランキングTOP10を見る

〇管理人の雑談コラム更新中:人気ランキングを見る

\ 転勤族ナビtententoをフォローする /

◯Twitterで更新情報を受け取る:Twitterをフォローする

◯Instagram で更新情報を受け取る: Instagram をフォローする

◯amebaブログ で更新情報を受け取る:amebaブログをフォローする

◯ブログのランキングサイトで更新情報を受け取る:

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

Hana(転勤族ナビtentento 管理者)

転勤族12年。主婦を経てリモートワーカー6年目。企業の人事と主婦の復職サポートをしています。国家資格キャリアコンサルタント。小学生姉妹の母。

この記事を読んだ人におすすめ

コメント

この記事へのコメントはありません。

記事を読む

人気記事(暮らし) 人気記事(仕事)
  1. 転勤族の家具選びで知っておきたい、失敗しない黄金ルールとおすすめ家具

  2. 荷造り荷解きのコツとすすめかた 連載003:最初に荷造りすると良いものは?

  3. ペーパードライバーの転妻さんに贈りたい生活の知恵

  4. 転勤のプレゼント。引越す側からの餞別はいる?未就園・大人数向けの餞別のポイントとおすすめ

  5. 仕事と子供の病児対応~病児保育を知る、利用してみた感想~

  1. 主婦の仕事探しにおすすめ。ひとりで簡単にできる自己分析~自分を客観的に見る3つの方法・記入シート付~

  2. 転勤族の妻におすすめの資格。仕事探しや再就職に役立つ考え方をキャリアコンサルタントが解説

  3. 転勤族の妻がパートで働くときに考えたい4つのポイント~仕事選び・面接準備~

  4. 転勤族の妻の仕事探し。スムーズに仕事を見つける方法

  5. クラウドワークスに登録する前に必ず知ってほしい4つの基礎知識【初心者さん要注意】

新着コラム

  1. 「豆徳さんの彩菓とりどり」広島のおいしいもの

  2. 【Instagram】パソコンから複数投稿と予約投稿ができる方法がわかりました

  3. 家を買ったら転勤の都市伝説について思う事

  4. Twitter運用にSocialDog(ソーシャルドック)がすごくいい

  5. OPPO Band Styleの睡眠計測が、実は、結構正しいのかもしれないと思った話

  6. 雑談記事をはじめてみて、思いがけずおきた2つの良かったこと

  7. イオンのレジゴーを体験しました

  8. 音声入力の精度がすごい

  9. OPPO Band Styleの1週間レビュー

  10. 生協お野菜ボックスで幸せを感じています