転勤族ナビtententoとは?

転勤族妻.com

転勤族ナビtententoの想い

はじめまして。転勤族tententoを運営しているHana(はな)と申します。このページにご訪問いただきありがとうございます!

転妻のみなさん、こんな気持ちになったことはありませんか?

  • 本当は仕事したいけど転勤族だから働けない…地方ではしたい仕事が見つからない
  • 私はいつまで引っ越しを続けるのだろう…ライフプランが見えない
  • 素敵なマイホームいいなぁ、いつどのタイミングで買うのが正解なのかな
  • 子供の転校、進学、どうしたらいいのか情報が欲しい
  • 新しい土地での孤独、寂しさ、みんなどう付き合っているのかな
  • 色々悩みはあるけど、先が見えないのに考えても仕方ないのかな…誰かに相談できたらな
  • ていうか転勤族っていう仕組み、なんとかならないのか?

ここに書いてあるのは私が実際に感じていた気持ちです。

転勤族として暮らすって大変なことも多いですよね(涙)

転勤族ナビtententoは、そんな転勤族&転勤族妻の 仕事・子育て・お悩みごとをみんなで解決するために作ったポータルサイトです

転勤族ならではの大変さ

転勤族(主に転勤族の妻)の大変さの主なところは、「つながりの薄さ」だと思っています。

夫は転勤しても、同じ会社の社員として仕事を続けていきます。

子供は学校というコミュニティに入ります。

一方で、妻は?

引っ越しのたびに、社会とのつながりがどんどんなくなっていきます。

小さい子供がいれば、ママ友ができたりもしますが、子供の年齢が上がるにつれてそういった機会は減っていきます。

大人になって誰かとつながる機会は、自分が頑張って声をかけていかない限りそうそう多くはないですし、

また、転任先で付き合いができても、どちらかが引っ越した後に同じように仲良くし続けるかと言ったら、なかなか難しいのが現状です。

転勤族として暮らすもやもや

私たちは、なぜなんのゆかりもない地域で孤独に暮らしているのかと。(もちろん、世の中それぞれみんな大変ですが個人的な気持ちです)

・転勤してなかったら育休取って復帰して仕事してたかな
・気軽に会える距離にいる友達と会ったりできたかな
・長く住んで地域に助け合える人ができたりしてたかな

どんなふうに暮らしていたのかな~と。

転勤したのは大切な家族と一緒にいるためだし、転勤族ならではの楽しさもあるけれど。

名前も顔も知らない夫の会社の人事部に住む場所や住む期間を決められる、さらにその陰にいる妻や家族の存在って、なんなんだろうと。

そんなことをずっと感じていました。

引っ越し、そしてゼロスタートの繰り返し

転勤が決まると、夫は引継ぎや送別会で忙しく、さらに新任地でも仕事に慣れるまでは残業やら歓迎会やら。

忙しい夫に代わり、縁もゆかりもない土地の情報を調べまくり、家を探し(もしくは紹介された古い社宅の情報を見てショックを受ける…)

内示から引っ越しまでも時間が無いので、家の片づけをして荷造りをして、ガスやら水道やら手続きをしたり。お別れのプレゼント用意、冷蔵庫の中を消費して、、、ここには書ききれない細かいやることの連続。

子供がいれば学校の手続きに、幼稚園や保育園探し、足りないものを買いそろえて名前つけをして。こっちもいっぱいいっぱいなのに、子供には転校を不安にさせないように気丈にふるまい元気づける。

そして、生活が落ち着いたと思ったら数年後にまたリセットしてのゼロスタート。

とにかく転勤族の妻ってなんだか報われない…とモヤモヤとしながら暮らしていました。

変化が起きたきっかけ

ここまで書いたことは私の体験談ですが、うんうん頷いて読んでくださる転妻さんも多いことと思います。

ただ、今現在私自身はずいぶんとネガティブな気持ちになることは減りました。

年を重ねたとか、転勤にも慣れたとか、いろんな要素はあると思いますが、一番の理由は自分に向きあってよく考えたことだと思います。

下の子が幼稚園に入り少し手が離れたことをきっかけに、自分は何がしたくて、何が得意で何ができて、それは転勤族として生きながらどうやって実現いけばいいのか?ものすごーく考えました。

結果として私は、やっぱり独身の時にしていた人材関係の仕事をしたい!と思い、それを在宅で実現する方法を模索し、未経験歓迎の在宅ワークで失敗したり、選考に落ちたりして凹んだりしながら、なんとか、フリーランスで在宅ワークをかけもちできる状況になりました。

自分のしたいことも少しずつ広がってきて、転勤族の方の働き方支援をしたいなという想いから国家資格キャリアコンサルタントの資格を取得したりと、今は前よりも少し前向きに転勤族生活をしています。

たまたま私は仕事が好きでまた働きたい気持ちが強かったので、こうなりましたが、仕事でなくても、きっと何か自分の気持ちのよりどころを見つけられることが重要なんじゃないかと思います。

本当は〇〇したいのに転勤があるからできない

〇〇がしたい。この生活のなかでどうやって実現するか?

何事にもこうやって考えられるようになった意識の変化かなと思っています。

自分でもそういう場を作ってみたい

自分自身の過去の経験を経て、何か自分でもできることがないかなと思い至りスタートしたのがtententoです。

大変なことも多い転勤族の暮らしを、ちょっと楽しめるようになったり、いろんな情報を知ることができたり、

そしてもし私と同じように、転勤族だけどまた働きたいなと思っている方には、転勤族の妻が働くためのキャリアカウンセリングや、どこに住んでも働ける在宅ワークスタートの個別サポートもしています。

ここまでずいぶんと長くなりましたが、あちこち転々と(tentento)しながら転勤族が前向きに暮らす人が一人でも増えますように。と、そんな想いをもってこのサイトを運営しています。

運営者・ライターのご紹介

想いに賛同してくださった方が集まり、現在は3名で運営しています。全員転勤族、全国各地に住んでいます。

Hana(はな)

Hana(はな)です。転勤族ナビtententoを運営しています。フリーランスとして在宅ワークで人事関連の仕事を複数社と契約して働いています。国家資格キャリアコンサルタント。

転妻になって12年で引越し5回。2児の母

tententoでは、どこに住んでも働ける「在宅ワーク」のスタート支援やキャリアカウンセリングを通して、転妻さんの「働きたい」をサポートしています♪

tomo

二児の母。子育て中心の生活をしています。転勤族になって10年以上。プチミニマリスト。すっきりしたお部屋で暮らしたい。

楽天Roomで転勤族暮らしにおすすめのキッチン用品やインテリア・各地のおいしいものを紹介してます♪

→ 転勤族の欲しいを集めた楽天Room

Y.Uraoka

元家具メーカーで営業職を経験したのち、家族の転勤にて退職。

季節の行事やイベント、子どものお祝いなどのハレの日に、空間装飾やテーブルスタイリングを行うharenohi_factory主宰。2児の母。

未経験OKの完全在宅ライターさんの募集をしています。ご興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、以下をご覧ください。

運営方針

転勤族ナビtententoは以下の方針でのサイト運営を努めていきます。

信頼性・公平性のある情報を届ける

現在のWeb上にはありとあらゆる情報があります。

例えば、ネット上にある商品の紹介や口コミでも、誰かの役に立ちたいという思いで情報を発信しているコンテンツもありますが、広告費を得るこをと巧妙に隠した、真実ではない情報も多々あります。

このサイトでは記事の中でサービスや商品を紹介する場合は以下の2つの基準をクリアしたものを紹介していきます。

・自分が実際に体験したこと、購入して使ったもの
・自分の友達や家族にも同じようにおすすめしたいもの

また、インターネット上で集めてきたものをまとめるのではなく、書く人の主観や経験をもとにした生きた記事を配信していきます。