【画像で解説】クラウドワークスの登録方法

国家資格キャリアコンサルタントHana(はな)です。転妻さんの「働きたい」をサポートする活動をしています。

クラウドワークスは、自宅にいながら仕事を始められるクラウドソーシングサービスのひとつです。

在宅ワークのはじめの一歩として、クラウドワークスはおすすめのサービスですが、
いざ始めるとなると

  • どんな個人情報を登録しなければならないか?
  • どのような流れで登録していくのか?
  • 必要なスキルがなくてもできる?

などなどが気になり、一歩踏み出せないという声も聞きます。

そのような方に向けて、この記事では、そんなお悩みの解決できるように、クラウドワークスの登録画面の画像をたっぷりと使いながら、登録の流れを紹介していきます。


この情報さえ知っておけば、クラウドワークスで在宅ワークの一歩を踏み出せるはずです。

クラウドワークス会員登録の流れ

今回はパソコンの画面をもとに解説していきますが、スマホからも同じ登録手順となります。

クラウドワークスの会員登録の最初のステップ

まずは公式ページから、「無料で利用を開始する」をクリックします。

→ クラウドワークスの公式ページを開く

オレンジ色のボタンを押すと以下の画面になりますので、メールアドレスを入力して、会員登録する(無料)ボタンをクリックします。

メールアドレスは、Gmailやyahoo!メールなどのフリーアドレスで問題ありません。

私のおすすめは、在宅ワークをこれから始めたいと考えているなら、専用の無料gmailを取得しておくことです。最初から仕事とプライベートは分けておくと後々管理が簡単になりますよ^^

クラウドワークスは、メールアドレスのほか、Facebook、Yahoo!ID、googleのアカウントの情報を使ってはじめることも可能ですが、今回はメールアドレスでの登録手順を解説していきます。

メールアドレスを入力してクリックすると、以下の画面になります。

一度画面を離れて、メールを確認します。

件名:【クラウドワークス】新規会員登録を完了してください 
というメールがすぐに届きますので確認してURLをクリックします。

ここまでで、まずは会員登録の最初のステップが完了です!

基本情報を入力する

先ほどのメールに表示されていたURLをクリックすると、以下のような基本情報の入力ページに移動しますので、ページの必須項目を入力していきます。

本名を入力することに抵抗がある方もいるかもしれませんが、今後クラウドワークス内で仕事をする場合の源泉徴収にも関わってきますので、ここは本名を登録しておきます。

本名を登録しても、クラウドワークスのサイト上には「ユーザー名」に表示した内容がニックネームとして表示され、本名は公開されません。また登録した住所に郵便物が郵送される等のこともありませんのでご安心ください。

主な利用方法については、お仕事をしたい人は、「仕事を受注する」になります。

「仕事を受注する」 をクリックすると、以下のように仕事を希望する職種を選択するフォームが表示されます。

もともとWebデザインやライティング、プログラミング等の資格やスキルがある方は、それを選択すればOKですが、特に何もない方は「カンタン在宅ワーカー」を選択します。このカテゴリにもたくさんお仕事が登録されていますので、まずは在宅で少し働いてみたいなという初心者の方には「カンタン在宅ワーカー」がおすすめです。

このカテゴリは後から変更することも可能ですので、この段階では深く考えずに選択して大丈夫です。

ここまで入力して、保存ボタンを押せば会員登録は完了となり、以下の画面に移動します。

応募するまでの流れを確認していきましょう

ここまでの登録が完了すると、次はこんな画面が表示されるはずです。

次は、プロフィールを入力してみようという案内があります。

このプロフィールとは何かというと、下のようなユーザーページに表示される情報のことです。


このページは、クラウドワークス上に公開されており
仕事に応募した際に、どんな人が応募してきたのかな?と発注者側からも確認されます。

ただ、まずは簡単なアンケート回答やタスク形式の仕事をしてみたいという場合は、このプロフィールは登録しなくてもOKなので、最低限の登録はこちらで完了です。

長期的な仕事を希望する場合には、このプロフィール画面にしっかりと自己PRを書いておくことがおすすめなので、以下の記事をもとに作成してみてください^^

https://tenkininfo.com/crowdworks-member-info-writing-tips/

クラウドワークスについての疑問を解決

ここまでの情報を登録できたとしても、本当にクラウドワークスで在宅での仕事ができるのか不安な方も多いと思います。ここからはよく聞く疑問について解説していきます。

スキル・資格がなくてもクラウドワークスで仕事ができる?

スキルや資格がなくても、クラウドワークスで仕事をしていくことは可能です。
私自身もプログラミングやデザインについての知識はまったくなく、こんな私が在宅で仕事ができるのだろうかと心配でしたが、クラウドワークスでの仕事をきっかけに幅を広げていき、現在は在宅ワークで安定した収入を得ています。

また私のまわりの在宅ワーカーさんも、未経験の方はまず最初はクラウドワークスから在宅ワークを始めたという方が多くいらっしゃいます。

私のおすすめの方法としては、

まずはクラウドワークスに登録されている「アンケート」や「データ入力」の仕事を受けてみて、在宅ワークに慣れていく

そして、並行しながら長期的に仕事ができそうな発注元を探していく

という流れです。

やってみたことはどんなことでも「自分の経験」になりますので、その経験をもとに、次はどんな仕事を受けてみるか?と考えながら進めていきます。

転勤族ナビtententoでも、転勤族の方向けに、定期的にアンケートの仕事を発注していますので、在宅ワークの最初の経験としてご協力いただけると嬉しいです。

https://tenkininfo.com/questionnaire/

単価が安い仕事や怪しい仕事が多いと聞くけど大丈夫?

こちらは、残念ながらクラウドワークスの中には単価が低い仕事や怪しい仕事は存在しています。

ただ、クラウドワークスの事務局のほうでも見回りや監視を強化していますし、ユーザー自身が怪しい発注元を報告できるしくみもあるため、だいぶクリーンになってきた印象はあります。

単価が低い仕事や怪しい仕事をしないためには、自分自身が知識を持っておくことが一番の対策になると思います。以下の記事に詳しくまとめていますので、自分自身を守るためにも是非読んでみてくださいね。

https://tenkininfo.com/crowdworks-beginner/

まとめ

この記事では、

クラウドワークスへの登録の流れ
・クラウドワークスについてのよくある疑問

について解説しました。

登録のメリットなど公式ページにも詳しく解説されているので、下の画像をクリックしてみていただけたらと思います。

リモートワーク・在宅ワークでの仕事探しをする方にはこちらの記事もおすすめです。

https://tenkininfo.com/how-to-start-working-at-home/
https://tenkininfo.com/jobs/

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。